MacBook Airの洗練されたデザイン

僕はMacBook Proを購入してからすぐにMacBook Airを衝動買いしてしまいました。なぜなら、店頭でMacBook Airをうかつに触ってしまったからだ。すでにProを所有していたので、中身のOSやSSDのスピード感は折り紙付き。あのなんとも言えないサイズ感と、重さ、質感……まさに一目惚れ。

 

 ダントツの品格

他社のPCとデザインを比較すると、Apple製品全体にいえることだが重厚感と品の良さがダントツ。洗練されたシンプルデザインでPC業界のデザインを牽引し、一線を画している。人々が美しいと感じる黄金比を各所に散りばめているのも有名な話。やや贔屓目ではあるが、それを差し引いても、そのクオリティーは間違いない。

 

 デザインで選ぶ時代に

どんなシーンでも邪魔しないデザインのMacBook Airは広く普及しており、喫茶店やビジネスシーンで見かけない日はない。MacのOSを嫌厭していた知り合いも、いつの間にやらMacBook Airを持ち歩いていたほどだ。アプリなどWinとMac間での隔たりが軽減されたのも後押しており、よりデザインを重視した選び方ができる時代になった。

 

 心憎い演出

やはりデザインがいいことに越したことはない。僕としてはディスプレーの裏側でぼんやり光るAppleマークがお気に入り。ユーザが操作している姿までデザインしているところが心憎い。

 

Apple関連の記事はこちら


⇒ MacBook AirのSSD増設・交換はこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA