Apple Watch、機能はiPhoneの子機 + 健康管理

先日ようやく明確な発売日と値段が発表になったApple Watch。注目されるのは、時計以外の主な用途。主体的となるものが、フィットネスやウェルネスなどの健康管理、もう一つはiPhoneの子機。もちろんiPhoneの子機ということで、iPhoneをお持ちでない方は無縁になってしまう機能。

 

 子機としての通話方法

iPhoneの子機とはどのようなものかというと、受信した電話をAppleWatchで通話できるというもの。ただ、相手の声を耳に当てて聞く形ではなく、常にハンズフリーで電話することになります。もちろん、相手の聞こえてしまうので、プライベートな時には使いずらい。

 

 その他の機能

通話だけでなく、他にもメッセージなども簡易的に操作できる。たとえば、iPhoneで受けた受信メッセージをAppleWatchで観覧し、あらかじめ登録してある定型文(カスタマイズあり)で簡易的に返信するという形だ。この機能に関しては、腕時計のサブ機能としてスマートでオシャレな印象がある。

 

  総評

子供の頃に夢描いていた近未来SFで登場する腕時計通信機に近いイメージ。そういう意味では遊び心あり、初代ガンダムなどロボットアニメに夢中になった世代にはとても興味を引くところ。ですが、実用性を考えると時計やウェルネス、メッセージ観覧までが現実的で、携帯でのビデオ通話すら馴染めなかった日本では、AppleWatchでのハンズフリー通話も正直馴染めないのが目に見えている。もっとオープンな文化圏であれば受け入れられるかもしれない。

個人的に思うのが、通話やその他コミュニケーション機能を無視し、素直に、デザインが洗練されている超美麗なウェルネスデジタル時計として見れば最高品質である。

 
Apple関連の記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA