初の投稿ということで、まずは自己紹介をいたします。

ついこの間の6月30日で某大手出版社を退職したDTPデザイナー。在籍中の仕事は、官公庁などの広報紙作りをやっておりました。立ち位置は、責任者とういう肩書きでしたが、デザイナー的にいうとアートディレクターです。そして、家のローンありで、妻(フルタイム正社員)、子供が2人。

… 一般的にサラリーマンやっていたら独立の選択の余地がありませんよね。ですが、独立しました。己の人生を生きたいと思ってしまいました。

話を遡って、どのタイミングで独立を考えたかというと、7年前、最初の子供が生まれた時です。自分自身が思うような人生を歩めていないのに「好きなように生きろ!」と子供達に言えないなぁって、ふと思ってしまったんです。

そう思ってからまずは独立後半年以上は不自由しないお金を貯めました。現実的に、デザイナーで独立するにしても、すぐには仕事をとれないであろうと考えたからです。

と、こんな感じで、まずは、会社を辞めるまでを順を追って話していければと思います。