こんにちはフリーランスデザイナー兼イラストレーターのUTAと申します。

今回は、MacBook Proユーザーに特化して、作業デスクをすっきりさせる便利ガジェットをご紹介いたします。

✅AirPodsPro
✅無線マウス(USBレシーバータイプ)

✅省スペース高級キーボード
✅3つ又USB(USB-C、microUSB、Lightning)
✅ドッキングステーション
✅モニターアーム

以上の5つで、デスクが劇的に広く使えます👍

「AirPodsPro」でコードレス・ヘッドホンレス!

まず始めにご紹介したいのが泣く子も黙るAppleのAirPodsPro。

✅ワイヤレス
✅音質がいい
✅ノイズキャンセリング
✅外部音取り込みモードあり
✅ヘッドホンに比べて遥かに省スペース

と、他に説明がいらないくらい優秀なガジェットです。Appleなので割高なのでは? って思うかもしれませんが、ガジェット好きな私から見たらコスパ最強です。ここまでの高品質で3万円はお手頃価格としかいいようがありません。

ヘッドホンはかける場所が必要だったり、コードが邪魔だったり、そもそもちょっと置くスペースが机になかったり、、、、 ヘッドホンへのこだわりが特にない方であれば最強の省スペースガジェットと言っても過言ではありません。

安定のUSBレシーバで快適操作「エレコム EX-G」

続いては、ワイヤレスマウスのEX-Gです。

✅安定のUSBレシーバー
✅自分に合ったサイズを選べる
✅人間工学に基づいた握り心地
✅安い!(2000円くらい)

なぜBluetoothタイプのものを紹介しないかというと、セッティングが面倒なのと、ちょくちょくペアリングが解除されてしまうからです。私も以前はBluetoothタイプを使用していたのですが、MacBook Proがスリープするたびにペアリングが外れ、最悪はもう一度登録し直ししなくていけない場合もあり、とにかく不安定。そのちょっとしたストレスの積み重ねで嫌になり、セッティングも途切れも心配がないUSBタイプへ切り替えました😅

今でこそワイヤレスマウスは当たり前ですけど、マウスにコードが無いのは革命的に快適です。初めて使った時は衝撃でした。

テンキー付き省スペースキーボード(メカニカル)「Maestro2S」

マウスと同等に長時間触れているインターフェース、キーボード。デザイナー的に作業効率を考えるとMacBook Proのテンキーが無いキーボードでは厳しいところ。かといってフルサイズのキーボードを買えば、デスクの占有面積を奪う上に、マウスとキーの距離感が出てしまい、人によってはフラストレーションの原因になります。

そこでご紹介したいのが、テンキー付きで省スペースなキーボード。しかも、メカニカル❗️

✅省スペースなのにテンキー付き
✅メカニカルキーボード(高級)
✅打鍵感、打鍵音が心地いい

メカニカルキーボードで有名なチェリー社のスイッチを採用している日本産の高級キーボード「Maestro2S」。高級と言ってますがHHKBやリアルフォースほどではなく、15,000円くらいです。「え!キーボードでその金額は出せない」と思った方こそ是非試して欲しいです。

打鍵感、打鍵音が心地よすぎて、タイピングしたいがためにブログを書きたくなりますよ😁

充電コードがスッキリ「3つ又USB」

このガジェットは最近購入したんですが、なぜもっと早く買わなかったのかと思うくらい重宝してます。

✅充電コード類がこれ1つ
✅もちろんデータ転送もできる
✅巻き取り式

もう説明はいらないですよね😅 とにかく今までガジェットの充電の度にコードを使い分けることがなくなります。しかも巻き取り式!

これのおかげで、デスクがスッキリしただけではなく、コード類を入れているケースもスッキリしました👍 

1つだけデメリットがあるのですが、急速充電は未対応っぽいです😅 私は急速充電にこだわりがないので必要十分なんですけどね。

MacBook Proには必須「ドッキングステーション」

最近のMacBook Proには必須中の必須、そもそもドッキングステーションがなくては拡張性が皆無です、、、、 って言うのは言い過ぎですが、大げさな話ではありません。最新のMacBook Proを例にあげるのですが拡張性はUSB-Cが4つだけです😅 現実的に、全てがUSB-Cで統一されているわけではありませんよね、、、 そこにSSDやらディスプレイやらキーボードやらをつなげたらMacBook Proが配線だらけになり、ノートPCの強みでもある省スペースどころか、見た目にもよろしくありません。

そこで必要となるのがドッキングステーション。

✅MacBook Proから1本のUSB-Cで拡張性が広がる
✅コード類がまとまるので整理しやすい

皆まで言わなくてもその必要性は誰もが感じるところ。しかし、ドッキングステーションはとにかく高額です😅 数千円で買えるものもあるのですが、個人的にはおすすめできません。私が購入したものだけかもしれませんが、あれこれ繋ぎすぎるとHDMIが不安定になりMacBook Proが認識すらしなくなります😅

ちなみに、私が購入したドッキングステーションは、しばらく使っているとHDMI出力がやや不安定になる(原因不明)ので、ディスプレーだけはMacBook Pro本体から直接接続中😅 他のドッキングステーションを検討中です。(※最近、MacBook Pro仕様のものが発売されているので、その不具合が解消されているかも)

ディスプレイの下がスッキリ「Amazonベーシック モニターアーム」

こちらもデスクをスッキリさせたいのであれば必須です。ディスプレイの足が無くなるだけでもデスクを隅々まで有効活用できます。

✅ディスプレイの下を有効活用できる
✅HDMIなどのコード類がまとめられる
✅ディスプレイの位置が自由自在

個人的な感想ですが、一度使ったら最後、モニターアームなしでは語れない体になってしまいます😁 とにかく、デスクを広々使いたいと思ったら、まず最初に導入した方がいいくらい重要です。

私が購入したものはAmazonベーシックのモニターアーム、、、 なんですが、メーカーは業界王手のエルゴトロンなので、そこまで安くはありません😅 中くらいのお値段と言っておきます。

>> まとめ

昨年独立し、自宅開業したわけですが、デスク環境は本当に大切です。デスクからコード類が無くなるだけでも埃がたまりづらく、常に清潔に保てます。見た目もスッキリし、デスクを広く使えることで仕事の効率もよくなります。

小さなストレスを少しでも軽減することで、仕事のパフォーマンスを向上させることができるんだと実感しているからこそ、今回のような記事を書いてみました。

少しでも皆さんのご参考になれば幸いです😄

そうだ、1つご紹介し忘れたものがあります。MacBook Proのスタンド! これを使用することでMacBook Proの下にドッキングステーションを配置することができますよ👍