このブログで「遠回りデザイナー」という新コーナーをもうけました。人生紆余曲折、遠回りをしながらもフリーデザイナーとして歩んでゆく奮闘記と、デザイナーとして思ったことをつづっていきます。

独立してからそろそろ2年、、、 最初の1年は生まれたばかりの娘とゆっくり過ごし、娘の保育園が決まり、登園が始まるタイミングで緊急事態宣言。紆余曲折あり昨年の7月、ようやく娘の登園が開始。それをきっかけに、フリーとしての本格的な活動を開始。っと、いいつつも、前にいた会社から、ゆるーくデザインの仕事をいただいておりました。もちろん減りゆく貯金を軽減する程度の収入でした。

そんな中で気づいたことは、雑誌やパンフレットなどの仕事は文字が多い分、誤字脱字の確認に膨大な時間が取られてしまう、、、ということ。もちろん一人で承っている以上、止むを得ないところだが、単価が低い印刷関連のデザイン業界では時給割れ必至。時折、妻にも確認を手伝ってももらっていましたが、本来であれば、妻にも時給が発生するところ、、、 がしかし、現実はそうもいかず。

このまま印刷関連のデザインで食べていくのはかなり厳しいぞ、、、、、 と思い、いろいろな可能性を考えてみた。といっても、フリーになってから経験も浅く、収益が伴っていない自分には可能性の広げどころがそんなにない!

そこで、会社を辞めてからこつこつ続けてきたイラストのinstaアカウントを営業ツールとして、イラストレーターに比重を置く選択もアリではないかと思いついた。実は自慢ではないのですが、そのアカウントのフォロワー数が2500人。素人アカウントにしては多い方だと私は認識しております。その中途半端な影響力を今こそ使わない手はない!

まずは、自分の投稿の見直し。少しでもクオリティーに疑問を感じるイラストは削除し、プロフィール画面全体のクオリティーをブラッシュアップ。そして、新たな意欲作を追加投稿し、フォロワー数アップへ活動をさらに強化!

、、、、、

でも、このアカウントのイラストタッチは描いてて心地よくないぞ、、、、

仮に仕事が来てもこのタッチで描きたいと思えない、、、、

身も蓋もない感情に苛(さいな)まれる自分だった、、、、