皆さんはAppleをご存知でしょうか? って、PCを持っている人なら誰でも知ってますよね。

では、Macintoshはご存知でしょうか?

、、、、、、今の若い方は知らないかもしれませんが、その昔、AppleのPCのことをMacintoshと言っていた時代がございました。そして、今現在はその名称が省略されMacとなったわけです。

それでは、なんでデザイナーにMac好きが多いのかはご存知でしょうか?

、、、、、、デザイナー好みの洗練されたデザインだから、という理由もあるかもしれませんが、実はちゃんとした理由があるのです。

というわけで、Appleの歴史を少し紐解いていきましょう。

Windowsがインターネットに対応し、日本でPCが爆発的に普及した1995年。実はそれまでの高性能かつAdobeが扱えるPCといえばMacintoshが主流でした。そのため、出版・印刷業界でもデータ化が進んだ90年代初頭、PCの選択の余地はなくMacintosh一択。そんな経緯がありWindowsよりも早く出版・印刷業界に広く普及し、根付いたことから、デザインといえばMacというイメージが定着し、現在もその名残りが残っているのです。

ちなみに、AdobeはAppleのプログラム言語に合ったアプリケーションを開発していた会社でした。詳しいことは省きますが、今でこそMicrosoftに次ぐ大企業になれたのも、Appleとの関係があったからこそ、、、、と言っても過言ではありません。

そんなこんなで現在では、Mac、Windowsともに性能の差もなく、OSの好みや製品のデザイン性で選ばれるようになりました。もちろんWindowsの方が圧倒的なシェアを誇っているのですが、昔からMacを愛用しているファンも多く、今でも愛されているのはすごいことですよね。

ちなみに私自身、Mac派なのですが、、、キーボード操作と配列はWindows派、、、、 という中途半端なApple信者なのでした、、、、