こんにちは、デザイナー兼イラストレーターのUTAです。

やっぱり夏は洗濯物がすぐに乾いていいですね。外を出歩くのは辛いけど、、、、

それでは、本日はLancersで副業をする際、狙い目な案件をご紹介いたします。

  • ロゴデザイン(コンペ)
  • 名刺デザイン(コンペ)
  • 書籍の表紙(コンペ)

以上の案件が狙い目です。

ロゴデザイン(コンペ)

こちらはLancersで代表的な案件ですね。報酬が4〜5万円の案件がゴロゴロあります。なので、積極的にガツガツ提案していきましょう。ですが、同じ案件内で複数提案して深追いするのはやめましょう。同じ案件内で多数の提案をしている方が選ばれる確率は案外低いです。そうするのであれば、1案件1提案で複数こなした方が当選率が高い気がします。

それから、発注者から「追記」などで追加のご要望があっても深追いは厳禁です。繰り返しになるのですが、深追いするくらいなら他の案件を提案しましょう。

また、提案数の目安ですが、1日5提案、1ヵ月100提案がベストです。技量がある方であれば、それだけで相当稼げます。といっても副業だとその数量は辛いところなので、1日1提案を目指しましょう。

名刺デザイン(コンペ)

名刺デザインもまた依頼が多い案件です。ですが、ロゴデザインに比べると比較的単価が安い傾向で、大体1〜3万円前後。ただ、名刺デザインのメリットとしては、複雑なデザインをする必要性がなく、結局ベーシックなデザインが選ばれがちです。なので、あまり力まず短時間でサラッと作ったデザインが通ってしまう感じがします。

というわけで、名刺デザインで当選を狙うのであれば比較的ベーシックなデザインを予めリサーチしておきましょう。

書籍の表紙デザイン(コンペ)

意外と狙い目なのが書籍の表紙デザインです。報酬平均が概ね3万円前後で低単価ですが、ライバルが少なく、情報量が少ないので作業時間がさほどかからないのがオススメポイント。タイポグラフィーを得意としているのであれば積極的にチャレンジしましょう。ただ、イラストカットなどが必要な場合があるので、そういった案件は避けましょう。金額的に見合わないことが多いです。

>> まとめ

副業ですとコンペ形式でしか対応できないのが辛いところですが、なんとか数をこなして実績を積んでいきましょう。なんだかんだ言って、Lancersなどのクラウドソーシングでは質と量が物を言います。

とはいえ、睡眠と家族の時間を削りすぎないように注意しましょう。会社員だった頃の私は、取り組みすぎて、睡眠不足と疲労困憊でものすごく辛い時期がありました、、、、 なので、個人的には、副業である程度実績ができて自信がついたら、独立して本気で取り組むことをオススメします。予想以上に稼げると思いますよ。もちろん無理に退職することはオススメできませんけどね(^_^;)