こんにちは、デザイナー兼イラストレーターのUTAです。

これから独立したいと考えている方は、自分が独立している時の気持ちを想像できるでしょうか? って、そんなこと独立してみなければ分かりませんよね(^_^;) もちろん、私自身、独立する前に、独立している人の気持ちなんて考えも及びませんでした。

なので、今回は私が独立して感じたことをお話したいと思います。

予想以上に孤独感がある

まずはここだと思います。独立して3ヶ月ほどは、開放感で満ち溢れていたのですが、だんだんとその状況に慣れてきてしまい、最終的には、家族以外と会わない日々が続いています。もちろん、子供のことで、社会の関わりがあるので、全く外部の人と接点がない訳ではありませんけどえね。

とにかく、毎日顔を突き合わせて、世間話ができる人が集まる場所があるっていうのは大切なんだと思いました。私もいつかは、デザイン会社を立ち上げて、仲間を募りたいと思っているんですが、今は孤独に耐える時期かもしれませんね。

とはいえ、孤独は空気を読んだり、変な気遣いもないので、気が楽なところもあるんですけどね、、、、(^_^;)

不安をカバーする仲間がいない

独立すると、とにかく仕事の責任は全て自分です。独立の本当の過酷さはここにあるのではないかと感じました。稼ぎたいあまり、あまりにも無茶な仕事量を引き受けてしまうと、逃げ場を失います。幸い、私はまだそこまで受注したことはありませんが、これから年末年始にかけて仕事が重なりそうな予感です。こういう時こそ、現場を仕切ってくれる上司がいてくれたら、どれだけ精神的に楽かを痛感している最中です。

会社にいたころはあんなに鬱陶しかった上司も、こうやって独立して離れてみると、大切役割を担ってるんですね、、、、 私も、都合よく責任だけとってくれる上司がほしい!!(自分勝手)

自分の将来が無限大

とまぁ、ここまではネガティブなことを言ってきましたが、ここからは、モチベ爆上げです。

なにより、デザイナーであること以外、何者でもなくなった私の将来は、無限大です。会社員のようにいくら頑張っても上がらない給料制度ではなくなりました。収入は頑張りと工夫次第で青天井です。

そうとなると、将来の目標を考えるだけでもワクワクしてきませんか。私は、ようやく自分の人生を生きている実感を得ております。それに、独立してこそ、人との関わりが大切で、舞い込んできた仕事一つ一つが大切だったりします。

さらに、自分の価値観では生まれなかった仕事に発展し、チャンスも多くなってきます。

後悔しない人生を歩みたいと思って、飛び込んだ独立の世界。私は少なくとも、今を楽しめています。

自分のための時間を作ることができる

そして、独立すると、時間制限がなくなります。もちろん、遊びも仕事もです。その分、自分の時間の管理が重要になってきますが、なんとなく自分の生活のリズムが生まれてきて、自然と自分なりの時間配分が整ってきます。

私は、0歳の娘がいます。独立を決意したのもその娘が生まれることが影響しておりました。普通の会社員ではありえないほど育児に関われてとても幸せを感じております。娘と共に過ごせる時間が多くなっただけでも独立した甲斐があったものです。

それから、なにより、自分の時間を持つことができました。このブログも、自分の時間が作れているからこそ書けるんです。さらに、これからも、いろいろなことにチャレンジできるように自分で時間をコントロールできるんです。

この時間のコントロールこそ、会社員とフリーの大きな差ではないでしょうか。

>> まとめ

今回は、精神面だけの比較をしてみました。いいことも悪いことも総合して、私の場合は独立の道が合っていました。もちろん、人によるところもあります。コミュニティを重要視していたり、収入の安定を望んでいるのであれば、会社員の方が断然いいと思います。

ですが、やりたいことがあったり、明確に将来の目標が決まっているのであれば、それに突き進んで人生一度はチャレンジしましょう。失敗したらまた再就職すればいいだけです。