こんにちはデザイナー兼イラストレーターのUTAです。

今回はフリーデザイナーになってから始めたことを紹介したいと思います。

  • Instagram
  • twitter
  • ブログ
  • YouTube
  • ランサーズ
  • ストックフォト

いろいろと手を広げました(^_^;)

Instagram

Instagram自体は会社員当初から趣味アカウントとしてやっていたんですけど、退職後すぐにイラストレーターアカウントを作り、本格的に始動しました。そのアカウントで行ったことは以下の通り。

  • 1日1投稿
  • イイネ回り(1日30人ほど)
  • フォロー回り
  • テクニックの向上

これらを4ヶ月ほど続けて、フォロワーが1200人突破しました😁 自分でもフォロワー4桁行くなんてびっくりです。おかげで、お仕事の幅も広がりました。

ちなみに、画力があればフォロワーなんて勝手に増えると思っていませんか? 実は、そうではありません。現実の世界でもそうですが、知ってもらわないことにはどうにもならないのです。私なりに何千人ものアカウントを見てきて「え! こんなに実力があって投稿数があるのに、フォロワー500人?」っていう方が何人もいました。となると、実力だけでなく、イイネ回りも大切なんだなぁと感じております。

と言いつつも、その逆の「え? この程度の実力でフォロワー2000人??」っていう方もいます。同等のフォロー数なら納得なんですが、よりによってフォロー数が少なかったりするんですよね、、、 おそらくチートアプリを導入しているパターンです。こういう方からフォローされてもフォロー返しするのはやめましょう。フォローバックしたとたんフォローを切られます。

私はこのまま1万人を目指して続けて行きます。

twitter

こちらもInstagram同様で、趣味アカウントは以前から所有しておりました。放置状態でしたけど(^_^;) なので、こちらもブログとYouTubeに連動した専用のアカウントを作成して運営をスタートさせました。

まだまだ走り出しなので、ひとまずは100フォロワーを目指して奮闘中でございます。

ブログ

こちらは、自分が退職を決断するまでの思いをブログで綴ろう思い、このブログを立ち上げました。それまでは、会社のネット事業の一貫としてやっていたブログを運営したり、個人の副業としてアフィリエイト運営を経験。アフィリエイトの方はありがちな失敗をしてしまい、ほぼ惨敗、、、 その失敗を活かしながら、今のブログを運営しております。

ですが、最近ではアフィリエイトに対して、Googleの評価が厳しくなりました。今まで上手くいっていたサイトも検索順位が落とされ、悲鳴をあげている方もたくさんいらっしゃいます。

私の見解ですが、あからさまにセールス感の強いサイトが弾かれていくのかなぁと感じました。なぜかというと、私が会社で立ち上げたブログに関しては、現時点(2019.10)でPV数に変化がありませんでしたよ🙂 ただ、これからは常時SSL化は必須だそうで、それ以外は検索上位へ行くことが難しくなりますのご注意を。

なんだかんだで、個人的には、ブログもまだまだいけると感じております。というわけで、こちらも一日一投稿を目指して運営しております。

YouTube

おそらく、これからはブログブームが終わり、YouTubeなどの動画配信ブームが台頭すると思われます。というより、すでにそうなってますね(^_^;)

なので最近、ブログ形式のVLOGを始めました。もちろん、必要にかられてというわけではなく、個人的にYouTubeの一視聴者であり、いろいろなクリエイターの影響を受け、自分でも動画編集をしたくなってしまったのが大きなきっかけです。そして、もう一つが、トーク力を身につけたいという思いもありました。まだまだトークは少ないですが、いずれはしっかりと編集しなくても話せるくらいになれたらなぁと思っております😁 遠いいなぁ、、、

ランサーズ

ランスーズは言わずと知れたキングオブ副業。私も会社員のころから利用しておりました。ですが、副業レベルでしっかりと稼げるほど甘くはありません。フリーでがっつりやっている方々の提案数が半端ないです。すごい方だとロゴデザインを1日10提案しているデザイナーさんがいらっしゃいました。そこまでいけば月に200〜300提案、確実に食べていけますよね(^_^;)

私もフリーになってからがっつりやれる日はがっつりやるようになり、それなりに成果が上がるようになりました。なので、フリーデザイナーとして走り出したら、まず本気に取り組みたいのがクラウドソーシングではないかと思います。

ストックフォト

ストックフォトとは、自分で撮った写真や動画、イラストなどを素材販売サイトへ投稿して、収入を得るビジネスです。

私の場合は、Instagramで投稿しているイラストをストックフォトサイトで販売しております。ただ、やはり投稿数がものをいう世界なので、1000投稿くらいないと収益に繋がりにくいのが現状です。よほど、ニーズにあった作品を投稿されているのであれば、収益が出るのですが、このビジネスはまだまだ発展途上なので未知数です。その証拠に、ストックフォトでの成功方法や対策などを紹介したブログが少く、どんなイラストが売れるかは実際に自分で経験して、感覚を掴むしかないんです。私の場合はデザイナーでもあるので、どのような需要があるかは、なんとなく分かっているんですが、私が思いつくジャンルや素材は既に先駆者が幅を効かせており、相当な努力なしには太刀打ちできません。

なので、ストックフォトは長い目で見て、諦めずに投稿してみます(^_^;)

【おさえておきたいストックフォト大手】

  • AdobeStock
  • shutterstock
  • PIXTA

>> まとめ

こうしてみると、皆さんもお気付きだと思いますが、副業の集合体です😁 ですが、フリーデザイナーである以上、副業ではなく、自分のブランディングを構築する営業ツールであり、がっつり時間を割いている本業なのです。

というより、この量は副業の範囲でやれる作業量ではありません。会社員をやりながらでは、体を壊すか、家族がいる方は家庭が崩壊するかのどちらかです。よほどのコンテンツ力がない限りおすすめできません。

本気で、自分の人生を手に入れたいのであれば、1年間無収入でも生活できるくらいの貯金を作って独立し、1年間がっつり取り組みましょう。