こんにちは、デザイナー兼イラストレーターのUTAです。

皆さんは、今の職場に満足していますか? もし、満足しているのであればそのまま、いい経験を積んでください。逆に、満足できず退職したいと思う職場であれば、すぐに転職の決断をしましょうというお話です。

上司が盾になってくれない
✅孤立している部下がいる
✅暇をもてあそぶ
✅仕事が多すぎる

などなど、満足できない箇所を指摘したら枚挙にいとまがありません。

上司が盾になってくれない

友人から聞く話だと「何かあった時に、上司が盾になってくれない」とぼやいておりました。もちろん、会社の質も問われるのですが、その前に、その上司の人格そのものを問わなくてはなりません。

ただ、教育としてあえて口出ししないケースもございます。私が会社員時代にそういったケースがございました。それが本人の成長に繋がると判断したからです。ですが、受け手側がそう思わなければ、教育が成立しません。むしろ不満を溜め込み、いい結果には繋がらず、その部下が「上司が盾になってくれない」と感じ、絶望するのです。

このように、お互いの理想のすれ違いが原因となるケースがあり、腹を割って話すことで解消されることもあります。

と、ここまでは“良い上司”の例なのですが、世の中には本気でひどい上司が存在します。

❌自分に利害が及ばないようしている
❌根本的な問題を直視しない
❌常にお給料が少ないとボヤいている
❌悪口が多い
❌二枚舌

これだけではありませんが、以上が悪い上司の代表的な特徴です。一つでも当てはまったら疑いましょう。特に二枚舌は要注意。例えば、部下が大きなミスをした際、お客さんは怒っていなくても、部下たちに対しては「お客さんは相当怒ってる」と虚偽を伝える上司は危険です。部下を恐怖で制圧させようとしているので、極端に言うと「独裁者」と言うことになります。そういう上司は、部下の仕事ぶりを見守ることをせず、常に監視下おきたがります。ハラスメント上司そのものかもしれませんね。

部下がいくら若くても、バカではありませんし、小さな子供ではありません。よほどの役者でない限り、二枚舌は簡単にバレます。それに、お客さんが怒っていようと、怒っていまいと、張本人は起こしたトラブルに対して責任感を感じているものです。上司が「怒らなきゃ反省しない」と勘違いをしているだけ。昭和スタイルですね(^_^;)

そういった上司のもとで働くと、日に日に小さなストレスを溜め込むこととなり、気付けば体調を崩していることも、、、、 即座に環境を変えることをおすすめします。

孤立している部下がいる

満足度の低い職場であるあるなのが、「孤立している部下がいる」職場です。そういった職場の特徴は以下の通りです。

常に仕事が多忙

これだけなのですが、これにつきます。単純に売り上げをあげるために必死になりすぎて、新人を教育する暇がない状態です。さらに、そういった会社なので会社員全体の満足度が低い傾向があり、社内の空気も殺伐としています。

「お前が面倒みろよ」

のような、新人のなすりつけ合いがある会社は、即座に転職を考えましょう。新しい人が入る余地がないのもそうですが、何もかもに余裕がない会社です。「じゃあ新人雇うな」っていう話ですけど、、、、 その辺りも上層部と実働隊との温度差が出ているので、社内の風通しの悪さも伺えますよね(^_^;) 

見極めが難しいところですが、

新人教育=面倒くさい

と感じている先輩方が多い職場は危険信号です。

暇をもてあぞぶ

私がいた会社は、暇をもてあそぶ会社でした(^_^;) もちろん超優良ホワイト企業ではございません。ざっくり言うと

社員に危機感がない会社です。😱

なぜ暇なのかと言うと、バブル時代の栄光を引きずっている会社だったからです。何も考えずに仕事が降ってくるのがバブル時代、ですがすでに令和です。もう、過去の栄光ではやっていけないのは分かっているのに、舵をとりきれずに足掻いている状態でした。

そんな危機的状況にも関わらず、仕事のやり方が絶頂期のまま。

なので、仕事が無くて暇だったのです。私はそんな会社の中でも対外的に仕事を受注する制作部にいたので、多少はましだったのかなぁと、今では思っております。

では、そういった職場の何がいけないかというと、

暇なので悪口や社内の噂が横行する😖

からです、、、、、、 どうですか、嫌でしょ〜(^_^;) しかも、タチが悪いことに、皆んな常に自分が正義だと勘違いしているので、言いたい放題です。私も何度か巻き込まれましたが、うまく関わらないようにしておりました。とにかく消耗しますし、私自身も悪口の対象になっていたと思います。

というように最終的には、お給料もそれなりもらっているのにも関わらず「この会社に何しにきているんだろう?」という虚無感に襲われ、活力を失うのです。

私は限界に達して、独立してしまったんですけどね(^_^;)

仕事が多すぎる

今度はその逆で仕事が多すぎる職場です。単純に人員が足りていないのもそうですが、その根底には会社の経営状態の悪さも伺えるところです。

それから、大きな会社にありがちですが、許可をとる上司が多すぎるところもあります。社内用の書類もしっかりと作って、確認してもらって、修正して、、、、、 とやっていると、雑務が煩雑になり、肝心の本作業が捗りません。本当に馬鹿げてます。私から見たらただの「サラリーマンごっこ」ですよ、、、 ようするに、直接関係ないのに「私はこんなの聞いていないぞ!」と言う無駄な上司が多いのが日本企業なのです。無駄な仕事が増える1番の原因ですね。

>> まとめ

これらは、あくまで判断基準です。まずないとは思いますが、全て当てはまったら即転職をおすすめします😁

また、私の経験則ですが、悪口を言う先輩や上司が多い職場はかなり危険です。「類は友を呼ぶ」と言う言葉があるように、その仲間になりたくないのであれば、早めの転職をお勧めします。そういった勢力に抗えば、消耗するだけですし、いずれ染まってしまうかもΣ(゚д゚lll)